rabbit*loveit 無題 忍者ブログ
もはやこちらがサイト扱いでいいのではないだろうか。 自創作とか企画のこととか好きに呟きます。
Admin / Write

【http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=53653693】こんなん描いてみて
私の創作の一番根っこのところに狼さんとうさぎさんの二匹がいて、
ゼアルとマヴェールは、もちろんその二匹とは縁もゆかりもない全くの別ケモですが
狼さんとうさぎさんでは技量不足だったりモチベ不信だったりで描けなかったものを全て突き進んだアナザーストーリーとして描き切ることが出来て本当に楽しかったです。
M*J自体のページ数は半月館で描いた枚数にはまだまだ及びもしませんが、嘘獣15はぶっちぎりで過去最高枚数の56(+表紙1)ページでした。背表紙付きの本作れるっての…
交流企画でこんなに自キャラまみれの話を描くのどうかとも思ったし、
そもそも自創作でやるべきじゃないのかとか思ったりもしましたが
読んでくださった人に全て委ねたいです。私は一つの作品を仕上げるという意味でめっちゃがんばった。
でも、主張したいこととして、過去編内容は独立したものですが全部今まで描いたものの補足+これから描くものへの後押しです。
一番大切に作った台詞はラスト2ページの一連。ライアーのあの台詞をロゼちゃんがどう受け取ってくれたかとっても楽しみです

目指せ完走。一年経ったけどな
PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
無題
●沼おばちゃんの性格が過去と今で随分違うような気がしますが気のせいです。
物腰と口調が柔らかくなっただけで昔も今も人を毒舌で痛いところを突く感じは変わりません。マスター氏やライアーにはガンガンと結構いやなことを言っています。

●ライアーが昔は「マヌーシュちゃん」と呼んでたのに現代では「マヌーシュおばさん」と呼んでるのは、昔はごく自然にみんなの呼び方を真似していて、現代のは記憶を無くした時に「私があなたのおばさんよ」って言われてからそれにならったから。

●同様に沼おばちゃんが昔は「ライアー」って呼んでるけど現在は「ライアーちゃん」と呼んでるのは、おばちゃんがどうにかして姉になぞって生きていこうとしたから。前半を挙げた時点で後から思いついて断念した展開ですが、マヴェール、マヌーシュの名前は本当は反対にしたかった。本名がマヴェールの妹がお姉ちゃんの名前を名乗ってマヌーシュになってるって展開にもしたかったですが後の祭り

●出会ったときの年齢はマヌーシュ6歳 マヴェール18歳 ゼアル23歳。こいつらの種族は人間と精神的にも肉体的にも大きな差はないのでそんな年代だと思ってください。ゼアルは両親が年取ってからの子供で天寿全うした上での親なし、マ姉妹は事故かなんかで親を失ったんだと思います。ファンタジー世界において親なしはテンプレ

●マヴェールの病気の原因は指先を赤く染めた草花がマヴェールの種族にとっては結構蓄積したらじわじわ毒になる成分だったんじゃないかなぁとか思ってますが憶測だけで物事を勧めてはいけないと思います。

●マヴェールはゼアルが肉食だと解ったうえで拾って住まわせていました。むしろ大人二人の間では了承済みの事案です。「食事は深夜に一人でお願いね」「解りました」マヌーシュは子供だからショックを受ける事でしたがマヴェールは大人なので気にしません。色んな食をする生き物がいて当然だと思ってる。

●「世界一あのひとが好き」「私の世界はお姉ちゃんだった」彼女の中では矛盾は全くありません。もし、マヴェールが死んで今後家族がゼアル・マヌーシュ・ライアーになったとしても、ゼアルとマヌーシュがくっつくことは絶対に有り得ませんでした。
七尾 2015/11/23 02:13 編集
HOME | 37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27 
プロフィール
HN:
七尾ときどきマモル
性別:
非公開
カテゴリー
最新記事
(01/09)
(11/21)
(04/22)
(01/27)
(01/14)
P R

忍者ブログ [PR]